google-site-verification: google19bc55f481c87ee3.html 紫外線の影響 | 借金完済するまで続く男の挑戦

紫外線の影響

ブログ

今年の猛暑で髪に対してどれだけのダメージを与えてしまったのか?

そもそもダメージはあるのか?

なんと頭皮・毛髪は、顔の2倍以上の紫外線を浴びていると言われているんです!

頭皮に与える主な影響は、日焼けすると乾燥や肌の炎症を起こしやすくなり、紫外線はエラスチン(肌の弾力となるタンパク質)やコラーゲンなどの線維を破壊し、頭皮にダメージを与え、髪の成長にも大きな影響をおよぼします。

販売本数累計500万本突破の育毛剤 ケフトル ローションEX

毛髪に与える主な影響は、大量の紫外線を浴びると、髪をつくっているタンパク質が変化し、キューティクルがはがれやすくなってしまいます。特に、染め髪や白髪は影響を受けやすいと言われています。

それではどうやって紫外線から守るか!

①帽子や日傘を利用する

頭皮を紫外線から守るために一番簡単で取り入れやすい方法は、帽子を被ることです。直接的な日差しを防ぐには一番適した方法でしょう。ただし長時間帽子を被り続けていると帽子の内側が蒸れてしまうことがあるため、通気性や通風性も意識することが大切です。

帽子と同様に日傘もすぐに実行できる紫外線対策の一種です。曇りの日でも紫外線は降り注ぐため、気になる方は日差しが強くない日でも日傘の使用をお勧めします。帽子や日傘はUVカット機能が付いているものだとさらに効果が期待できます。

②日焼け止め製品を使う

顔やボディの日焼け止め製品と同様に、頭皮や髪の毛にも使用可能な日焼け止め製品があります。パウダーやクリーム、ローション、スプレーなどのタイプがありますが使い勝手を考慮すると、頭皮や髪の毛に用いる場合はスプレータイプが適しているでしょう。

③髪の毛の分け目を定期的に変える

分け目など地肌の露出部分は頭皮の中で最も紫外線を浴びやすい部分といえます。一定の箇所に紫外線ダメージを受け続けるとその部分に頭皮トラブルが起きやすくなる可能性があるため、地肌の露出部分が常に同じ箇所にならないよう、適度に分け目やヘアスタイルを変えるとよいでしょう。

薄毛・抜け毛に!「即、実感」育毛剤

コメント

タイトルとURLをコピーしました