google-site-verification: google19bc55f481c87ee3.html 債務整理を考えた時 | 借金完済するまで続く男の挑戦

債務整理を考えた時

借金

「債務整理」の方法には、「任意整理」、「特定調停」、「個人再生」、「自己破産」といった手続きがあります。それぞれの手続きごとにメリット・デメリットがあるので、どの手続きを選択するかがとても重要です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: saimu_chart_SP.png
  • 借金問題の無料相談受付中 アース法律事務所
  • 貸金業者ごとの債権額が140万円以下の場合、認定司法書士に債務整理の依頼をすると、貸金業者から顧客への直接取立てが禁止されます。そして、利息制限法所定の金利に「引き直し計算」をし、残債務または過払い金の額を確定した上で、依頼者に応じた適切な整理方法を考えていきます。認定司法書士は、「140万円以下の債務または過払い金」について、代理人として「訴訟行為」や貸金業者との「交渉」をすることが可能です。
    自己破産や個人再生など代理権の範囲を超える手続きを利用する場合には、司法書士が、書類の作成をとおして依頼者の支援をいたします。
    認定司法書士は簡易裁判所で取り扱うことができる民事事件(訴訟物の価額が140万円以内の請求事件)に対する、訴訟行為や裁判外の和解手続等について、代理する業務を行うのに必要な能力を有すると法務大臣が認定した司法書士です。
  • 140万円以上の場合は弁護士に相談しましょう。

「後悔しない任意整理するなら!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました